今江年晶 公式サイト[今江主義]
メッセージ

🆕 東日本大震災から6年

今日で、未曾有の大災害であった、あの東日本大震災の発生から6年が経ちました。
犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈りいたします。

そして、今もなお、ご不自由な生活を余儀なくされている方々、被災された皆様には、心よりお見舞いを申し上げます。

あれから6年が過ぎた今でも、僕は、あの日のことを鮮明に覚えています。
忘れることな出来ません。

僕は2011年より毎年、被災地である福島県いわき市を訪問させていただいていますが、小・中学校、風評被害に悩む地場産業、そして震災現場等々。

そこで感じるのは、まだまだ復旧というには程遠いなと。

皆さんの心の部分の大変なご苦労は、本当に計り知れません。

お子さん方の心の痛みは深刻だという話も聞きます。

いわき市の子供達、昨年末妻と訪問の際も、あるご家族の話、お子さんの話を聞いて、涙が…

僕がイーグルスに移籍したのは、
何かの縁であり、自分の宿命ではないかと勝手ながら感じています。

微力ですが、社会に影響のある仕事をさせてもらっている一人の人間として、何かしたい、自分に出来ること何か、これまでも、そしてこれからも問いかけながら考えていきたいと思います。

今年は、イーグルスの優勝しかない。

それしか考えていません。
東北に再び優勝を!

東北の皆さん、全国のイーグルスファンの方々、やります!

見事な勝利、侍ジャパン!!

勝ちました!!侍ジャパン!!

見事、初戦キューバに勝利しましたね。
メンバーは僕らの代表。必ずやってくれると信じています。

昨日の試合、初回の菊池君のファインプレー。チームにリズムを作ってくれたと思います。
投手を中心とした守りでリズムを作り、攻撃に繋げる。
まさに日本らしい試合。
僕は第1回の大会に出場しましたが、日の丸を背負って戦うプレッシャーは、本当に言葉では表現できません。
まさに「勝つことのみが善である」宿命を選手は感じていると思います。

そんな選手に、大きな勇気とパワーをくださったのはファンの皆さんです。
昨日の試合での東京ドーム全体を埋め尽くした満員の野球ファンの皆さん。
最高の舞台、環境を作ってくれました。
選手には、どれだけ心強かったでしょうか。
まさしく選手とファンが一丸となって勝ち取った勝利。

改めて日本の野球熱の高さ、野球への期待の大きさを、一人のプロ野球選手として、僕も感じました。

まだまだ戦いは始まったばかり。これから先も厳しい戦いが続くと思いますが、選手には日本の代表、そして僕たちの代表として堂々と胸を張って、自信を持ってプレーしてもらいたいと思います。

頑張れ、侍ジャパン!

 一歩、一歩!

久米島キャンプも終わり、今は沖縄本島にいます!

開幕に向けて、実戦での感覚など、自身の身体と向き合いながらやっています。

じっくり、きちんと、2017年シーズン戦い抜けるよう一歩一歩!

16年目のキャンプが始まります

いよいよ今日から2017年始まります。
16年目のキャンプ。

何年経っても、キャンプを迎える前は、自然と気持ちが、身が引き締まります。

グランドでプレーが出来ることへの感謝の気持ちを忘れずに、行ってきます
2017年東北に優勝旗を!

このキャンプを実りあるものにして、シーズンを迎えたいと思います。

 新年を迎えて

皆さん、新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

年末年始、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか。
僕は家族と一緒に、新年を新たな気持ちで迎える事が出来ました。

今年の目標はただ一つ、チームの優勝、日本一です。
とにかく仙台、東北、日本全国のイーグルスファンの皆さんと喜びを分かち合いたい。

そして僕のプレーを見て、たくさんの方に喜んでもらいたいし、元気になってもらいたい。
勇気を与えたいし、笑顔になってもらいたい。

その為にも、今はシーズンに向けてしっかりと準備をしています。

今年もたくさんの皆さんとグランドでお会い出来る時を楽しみにしています。