今江年晶 公式サイト[今江主義]
ニュース

今年も福島県いわき市を訪問しました

東京をまだ陽が昇る前に出発し、いわき市に9時削ぎに到着。

11日、今年も今江選手が福島県いわき市を訪問しました。

東日本大震災から8年。
「少しでも皆さんの力になれれば」と始めた活動も8回目の訪問になります。

最初にいわき市役所を訪れ、清水いわき市長さんにご挨拶。


(清水市長さんに、サイン入りカレンダーをお渡ししました)

毎年、表敬訪問させて頂いておりますが、清水市長さんからは、毎年訪問への感謝のお言葉といわき市の復興への現状についてのお話を伺いました。

 

そして先ずは地場産業へのPRとして、いわきワイナリーさんへ。
いわきワイナリーさんは、ワインを醸造されていますが、醸造所では知的障害者の方も働かれており、社会貢献事業としての支援も行われています。そしてこの醸造所で作り出されるワインの味のクオリティーは非常に高く、今大変注目されているブランドだということです。


(関係者の方から説明を聞く今江選手)

ワインのお店も醸造所の近くにあり、丘の上に建つ、海外のドラマで見るような大変お洒落な外観で、店内は檜の香りがする素敵な空間になっています。



(素敵なお店でした。スタッフの皆さんと記念写真)

お店のスタッフさんに勧められて、今江選手も少しだけですが試飲。

「これは美味しくて飲みやすいですね!」絶賛。即購入しました。そして同行した関係者の皆さんにもプレゼントを!

 

次に向かったのが、いわき市立湯本第一小学校。

4年2組のティーボールの授業に参加しました。

屋外グランドで行われましたが、この寒い中でも子供達はみんな元気!待ちに待った今江選手に会って更にパワーアップしてグランドを今江選手と駆け回りました。

みんなのリクエストに答えて、今江選手が打撃を披露。「グランドの向こうの山を越えていくぞー」と宣言し、大きなあたりを放ちました!

最後は今江選手から子供達に「今は好きなことに全力で取り組んでください」と挨拶。記念写真も撮りました!

授業後も、子供達は今江選手の周りを離れず、握手やハイタッチ、ハグをしていました。


(今江選手とずっと一緒です)

 

続いて午後はいわき市立磐崎中学校へ。3年前にも一度訪問したことがあります。


(玄関には以前訪問した際にお贈りしたユニフォームが大切に飾られています)

今日は全校生徒400名を相手に登壇。「続けることの大切さ」を話しました。

体育館に入場する際には、ブランバンドの演奏に併せて、全校生徒の皆さんが今江選手の応援歌を振り付けしながら、大きな声で歌って迎えてくれました。

6AZu2MQlT7i4NA9uPdTifg

これには見ている我々も思わず感動する素晴らしいものでした。

今江選手からは、生徒を前に、何故自分が、社会貢献活動に積極的なのか、そして活動を継続することの大切さについての話がありました。

そして生徒さんからの質問に答えたり、野球部、女子ソフトボールの部員への技術指導も!

的確なアドバイスでは、習った後のビフォアー、アフターが全然違いました。

アドバイスを受けた生徒さんも、きっと、結果を出してくれることでしょう。

最後は皆さんと記念写真。


学校を去る時には、またも皆さんの心のこもったお見送り。


(全校生徒の皆さんからお見送りでした!)
これには今江選手もきっと忘れることのできない思い出になったことでしょう。

ハードな1日の最後はやはり野球。

いわき市内の中学生を相手に野球教室を、いわきグリーンスタジアムで行いました。

厳冬の中、今江選手も中学生も真剣勝負。選手も生徒も、熱気で身体から湯気が出ていているほど。

今江選手から技術指導はもちろん、中学生の今だからこそ必要な基礎と心構えを伝えていました。


短い時間でしたが、この中から野球界で活躍する後輩が一人でも出て来て欲しいと今江選手は願っています。

 

そして最後の最後は、11月に行われた「今江年晶 CUP   いわき市長杯 第20回いわき学童野球新人交流大会」の表彰式に出席。

この大会で見事優勝した「いわき南野球スポーツ少年団」、準優勝の「小名浜少年野球教室」に今江選手から優勝カップと、優勝・準優勝メダルが選手全員に授与されました。

今江選手からは、「優勝、準優勝チームの皆さんおめでとうございます。これを励みに更に練習に励んで、この先に君たちを待っている中学、高校と未来に向かって頑張ってください」と挨拶がありました。

子供達は今江選手を前に緊張と憧れの眼差しで見つめながら固い握手を交わしました。

このように今日1日、早朝から夜遅くまでいわき市を回った今江選手。

この日を振り返り、

「今年もいわき市に来ることが出来て、本当に良かったと思います。毎年感じるのが、実は僕の方がいわき市の皆さんからパワーをもらっているし、ここに来ることで新たな気持ちになっているように気がします。ただ大事なことは、復興はまだまだ道半ばであり、決して風化させてはいけないこと。微力かもしれませんが、僕が訪問することで、少しでも多くの方に知ってもらえれば嬉しいし、自分に出来ることを今後も続けていきたいと思います。そして訪問は今年で8年目になりますが、たくさんの皆さんとも友達になれて、まさに僕にとっていわき市は特別な場所です。来年も活躍して、皆さんに笑顔で会いたいと思います。」と言葉を綴ってくれました。

最後に今回の訪問に際しご尽力をいただきました、いわき市役所の方々をはじめ、たくさんの皆さんに心より厚く御礼申し上げます。

そしてまた来年お会いできる時を楽しみにしております。

今江選手の社会貢献活動の様子が記事が掲載されました 「今江年晶、8年連続いわき訪問「子供に元気もらっている」(スポーツ報知)

今江選手の社会貢献活動の様子がメディアに掲載されました。

「楽天」今江年晶、8年連続いわき訪問「子供に元気もらっている」(スポーツ報知)

11/23(金・祝)「楽天イーグルスファン感謝祭2018」開催!

11/23(金・祝)「楽天イーグルスファン感謝祭2018」開催!

23日(金・祝)、楽天イーグルスファン感謝祭2018」開催されます。
詳しくは、下記をクリックして球団HPをご覧ください。

「楽天イーグルスファン感謝祭2018」

 

11/25(日)東北6県での「楽天イーグルス シーズン報告会2018」今江選手は宮城県の会に参加予定

「楽天イーグルス シーズン報告会2018」開催決定!
今年は11月25日(日)に東北6県で開催いたします。
今シーズンも熱いご声援をいただいたファンの皆さまへ、選手たちが1年間の感謝の気持ちを直接お伝えするために東北6県に参ります。」(球団HPより)

今江選手は宮城県で参加予定です。(11月18日現在)
宮城県柴田町 仙台大学 第5体育館〔宮城県柴田郡柴田町船岡南二丁目2番18号〕

当日の詳しい情報は、球団HPである下記をクリックしてご覧ください。「楽天イーグルス シーズン報告会2018」

「 今江年晶CUP いわき市長杯第20回いわき学童野球新人交流大会」

10日、福島県いわき市のグリーンスタジアムにて「 今江年晶CUP いわき市長杯第20回いわき学童野球新人交流大会」の開会式が行われました。

(電光掲示板に大会名が映し出されます)

今江選手は、2011年の東日本大震災から毎年12月にいわき市を訪問し、地元の小・中学校での授業参加や、野球教室、また風評被害に苛む地場産業の企業を訪問激励をしている中で、野球でも貢献したい!と、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍したのを機会に、この大会を応援しています。


(大会パンフレット 今江選手のメッセージも載っています)

今大会は記念すべき20回目。また福島県で一番大きい大会であり、歴史ある大会です。

今年も県内外から41チーム、800人を越す子供達が参加してくれました。


(開会式  たくさんのチームと子供たちが参加してくれました。)

開会式では、秋季キャンプ中で出席できない今江選手から「感謝の気持ちを持って全力でプレーしてほしい」とのボイスメッセージが披露されると、会場から大きな拍手が沸き上がりました。

そして、昨年度の優勝チームである小名浜少年野球教室の主将、大栄利哉君が、元気よく選手宣誓を行い、この大会の幕が明けました。

(素晴らしい宣誓をしてくれた、小名浜少年野球教室主将の大栄利哉君)

今江選手からは、優勝カップ、優勝・準優勝チームへは全員にメダルが贈られます。


(優勝メダル)


(準優勝メダル)

優勝、準優勝チームには、12月にいわき市にて今江選手よりメダルが授与されます。


(早速、熱戦が繰り広げられました)