今江年晶 公式サイト[今江主義]
ニュース

今江選手の社会貢献活動がメディアに掲載されました

今江選手の社会貢献活動がメディアに掲載されました

20日の対マリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)の試合において、今江選手と小児がん経験者のお子さんとの交流の様子がメディアに掲載されました。

報知スポーツ記事


楽天イーグルス Twitter

 

 

NPO法人小児がんミルフィーユフロンティアーズの皆さんが応援に来てくれました

20日のイーグルス対マリーンズの試合に、今江選手夫妻が理事を務める団体『NPO法人 小児がんミルフィーユ フロンティアーズ」さんが、今江選手の応援にZOZOマリンスタジアムに来てくれました。

今江選手夫妻は、2010年より、このミルフィーユさんの理事を務め、毎年、前年度の打点の数に基づいた金額を寄付、またシーズン中にはお子さんを定期的に球場へ招待、そしてオフには千葉県こども病院を訪問し、小児がんと闘うお子さんとそのご家族を励ます活動をしています。

応援では、皆さん、手作りの応援グッズを作ってくれて、今江選手の打席の時には大きな声援を送ってくれました。

今江選手も攻守に渡って活躍。チームの勝利に貢献し、元気な姿をみんなに見せてくれました。

そして試合後、皆さんと面談。

その中には、去年のクリスマスに、こども病院を訪問した時にいた高校生の女の子もいて、今は元気に回復して、
「応援に来ました!」と挨拶をしてくれました。

今江選手からは
「今日は久しぶりに皆さんに会えて嬉しかったです。皆さんの元気な笑顔が本当に嬉しい」と話してくれました。
最後に皆さんと記念写真を撮影し、次回の再会を約束しました。

 

「福祉作業所 天成舎」さんよりペットボトルキャップのご報告がありました

「福祉作業所 天成舎」さんよりペットボトルキャップのご報告がありました。

S.M様より、今江選手の「スマイルプロジェクト」に、8.18㎏も、たくさんのキャップをお送りいただきました
ご協力ありがとうございます。

引き続きよろしくお願い致します。

 

今江選手夫妻が応援するお子さんが記事に掲載されました

朝日新聞に今江選手夫妻が理事を務める
「NPO法人ミルフィーユ小児がんフォロンティアーズ」のお子さんが記事に掲載されました。たくさんの皆さんにご覧いただければとHPに掲載することにしました。

今江夫妻は、記事に出てくる金澤里菜さんとは、昨年末、千葉県子ども病院を訪問した際に開催したクリスマス会で楽しい時間を過ごしました。

朝日新聞
2017.03.13付 未来ノート、わたしもつくる
白血病の20歳の「ひととき」 小3の授業教材に

 

承認番号A17-0024「朝日新聞に無断で転載することを禁止します」

たくさんのキャップが届けられました

茨城県日立市の「NPO法人ひたち夢元気プロジェクト」さんが、たくさんのペットボトルキャップを集めて頂きました。集めたキャップは今江選手が応援する天成舎さん(国立市)に届けられました。

これは茨城県日立市で毎年12月に今江選手が少年少女野球教室を開催していますが、その際に今江選手の社会貢献活動「スマイルプロジェクト」に皆さんが賛同して頂いて始まったもの。

毎回本当に有難うございます。
そしてこれからも宜しくお願いします。