今江年晶 公式サイト[今江主義]
ニュース

『NPO法人ひたち夢元気プロジェクト」主催 「少年少女野球教室」

16日、茨城県日立市の池の川さくらアリーナで「少年少女野球教室」を行いました。

『NPO法人ひたち夢元気プロジェクト」さんからお招きを頂いたもので、「日立市をもっと元気にしたい、子供達に笑顔と元気になってもらいたい」との思いに賛同した今江選手が4年前から参加させていただいています。

教室では市内の小学6年生51名が皆んなが参加してくれました。

最初に今江選手から子供達に
「短い時間ですが、少しでも上手になってもらえたら嬉しいです」と話がありました。

まずはキャッチボールから。
一人一人に声をかける今江選手。

最初は少し恥ずかしがっていた子どもたちも、今江選手の笑顔に、いつしか距離が縮まります。

そしてチームの指導者の方々、観覧している保護者の方々も、マイクから聞こえる今江選手のアドバイスに耳を傾けていました。

守備では、プロならではの練習法も教えてくれて、子供達は楽しみながらも真剣に取り組んでいました。

最後は打撃。

皆んなが一番好きなプログラムなので、より積極的に質問が挙がります。

実際に打たせてみて、今江選手がアドバイスをすると、こどもたちの打球が劇的に変わりました!

中には特大の打球を打つ子もいて、将来が楽しみ。

打撃の最後には、ゲームで大いに盛り上がり、頑張ったお子さん、そしてこの教室で印象に残ったお子さんには、今江選手からサプライズで、愛用ギアのプレゼントが贈られました。

そして閉会式。

今江選手から子供達に

「野球を頑張ることも大事だけど、今の君たちにとって大切なのは勉強もしっかりと頑張ること。これからも好奇心を持って多くのことにチャレンジしてください。」とメッセージを送りました。

最後はチームごとに記念写真、そして全員と固い握手を交わしました。

この教室開催にあたり、ご尽力いただきました、NPO法人ひたち夢元気の皆様、日立市教育委員会の皆様、そして関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

千葉県こども病院を訪問

今日12日は「千葉県こども病院」を訪問。

今江選手は夫妻で「NPO法人ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ」の理事を務めており、長年に渡り、小児がんと闘うお子さんとご家族を支援、毎年1打点につき1万円のお金を寄付したり、お子さんとご家族を球場にご招待しています。

最初に院長先生、看護婦さんと懇談。


(院長先生と看護婦さんと)


(来院の日付入りのグラブをお贈りしました。(株式会社アシックス様ご協賛))

院長先生からは、今年も訪問してくれたことへの感謝のお言葉と、現在の小児がんの現状についての説明がありました。「普段は笑顔が少ないお子さんでも、今江選手と会うことで、本当に笑顔になるんですよ」との話を聞いて今江選手は「僕で出来ることで少しでもお子さんたちが元気になってくれることが一番嬉しい」と話しました。

そしてお子さんたちが待つ、病棟へ。

そこではお子さんをはじめ、皆さんが笑顔で迎えてくれました。


(みんなで楽しくゲーム)

お子さんたちと,今江選手の似顔絵を描くゲームや質問タイムを行うなど、笑顔が絶えない時間となりました。


(お子さんたち全員で書いてくれた今江選手の似顔絵。似てるかな!)

最後にサプライズのプレゼントが。

それは今江選手のために、前の日にお子さんたちが作ってくれたドーナツ。

その箱を開けてみると、本当に可愛いくて、まるでお店で売っていルような美味しそうなドーナツ。


(お子さんたちが作ってくれたドーナツ)

今江選手も「これは本当にすごく良く出来ていて、お店で出ているよう!」と

重わず一口ほうばると、「美味しい!」と満面の今江スマイルを見せてくれました。


(ドーナツを食べる今江選手)

最後に今江選手からお子さんたちに

「今日は楽しい時間を本当にありがとう。みんな、本当に大変だと思いますが、1日でも早く良くなって、是非とも球場に遊びに来てください。」と挨拶をしました。

また当日は、今年も今江選手より、「NPO法人ミルフィーユ小児がんフロンティアーズ」へ寄付金の贈呈を行いました。


(理事長の井上様に目録を贈呈する今江選手)

 

今江選手の記事がメディアに掲載されました

今江選手の記事がメディアに掲載されました。

楽天今江が子どもたちに説く「続けることの大切さ」(日刊スポーツより)

今年も福島県いわき市を訪問しました

東京をまだ陽が昇る前に出発し、いわき市に9時削ぎに到着。

11日、今年も今江選手が福島県いわき市を訪問しました。

東日本大震災から8年。
「少しでも皆さんの力になれれば」と始めた活動も8回目の訪問になります。

最初にいわき市役所を訪れ、清水敏男いわき市長にご挨拶。


(清水市長さんに、サイン入りカレンダーをお渡ししました)

毎年、表敬訪問させて頂いておりますが、清水市長さんからは、毎年訪問への感謝のお言葉といわき市の復興への現状についてのお話を伺いました。

 

そして先ずは地場産業へのPRとして、いわきワイナリーさんへ。
いわきワイナリーさんは、ワインを醸造されていますが、醸造所では知的障害者の方も働かれており、社会貢献事業としての支援も行われています。そしてこの醸造所で作り出されるワインの味のクオリティーは非常に高く、今大変注目されているブランドだということです。


(関係者の方から説明を聞く今江選手)

ワインのお店も醸造所の近くにあり、丘の上に建つ、海外のドラマで見るような大変お洒落な外観で、店内は檜の香りがする素敵な空間になっています。



(素敵なお店でした。スタッフの皆さんと記念写真)

お店のスタッフさんに勧められて、今江選手も少しだけですが試飲。

「これは美味しくて飲みやすいですね!」と絶賛。即購入しました。そして同行した関係者の皆さんにもプレゼントを!

 

次に向かったのが、いわき市立湯本第一小学校。

4年2組のティーボールの授業に参加しました。

屋外グランドで行われましたが、この寒い中でも子供達はみんな元気!待ちに待った今江選手に会って更にパワーアップしてグランドを今江選手と駆け回りました。

みんなのリクエストに応えて、今江選手が打撃を披露。「グランドの向こうの山を越えていくぞー」と宣言し、大きなあたりを放ちました!

最後は今江選手から子供達に「今は好きなことに全力で取り組んでください」と挨拶。記念写真も撮りました!

授業後も、子供達は今江選手の周りを離れず、握手やハイタッチ、ハグをしていました。


(今江選手とずっと一緒です)

 

続いて午後はいわき市立磐崎中学校へ。3年前にも一度訪問したことがあります。


(玄関には以前訪問した際にお贈りしたユニフォームが大切に飾られていました)

今日は全校生徒400名を前に登壇。「続けることの大切さ」を話しました。

体育館に入場する際には、ブランバンドの演奏に併せて、全校生徒の皆さんが今江選手の応援歌を振り付けしながら、大きな声で歌って迎えてくれました。

6AZu2MQlT7i4NA9uPdTifg

これには見ている我々も思わず感動する素晴らしいものでした。

今江選手からは、生徒を前に、何故自分が、社会貢献活動に積極的なのか、そして活動を継続することの大切さについての話がありました。

そして生徒さんからの質問に答えたり、野球部、女子ソフトボールの部員への技術指導も!

的確なアドバイスでは、習った後のビフォアー、アフターが全然違いました。

アドバイスを受けた生徒さんも、きっと、結果を出してくれることでしょう。

最後は皆さんと記念写真。


学校を去る時には、またも皆さんの心のこもったお見送りが!


(全校生徒の皆さんがお見送りしてくれました!)
これには今江選手もきっと忘れることのできない思い出になったことでしょう。

ハードな1日の最後はやはり野球。

いわき市内の中学生を相手に、野球教室をいわきグリーンスタジアムで行いました。

厳冬の中、今江選手も中学生も真剣勝負。選手も生徒も、熱気で身体から湯気が出ていているほど。

今江選手は、技術指導はもちろん、中学生の今だからこそ必要な基礎と心構えを伝えていました。


短い時間でしたが、この中から野球界で活躍する後輩が一人でも出て来て欲しいと今江選手は願っています。

 

そして最後の最後は、11月に行われた「今江年晶 CUP   いわき市長杯 第20回いわき学童野球新人交流大会」の表彰式に出席。

この大会で見事優勝した「いわき南野球スポーツ少年団」、準優勝の「小名浜少年野球教室」に今江選手から優勝カップと、優勝・準優勝メダルが選手全員に授与されました。

今江選手からは、「優勝、準優勝チームの皆さんおめでとうございます。これを励みに更に練習に励んで、この先に君たちを待っている中学、高校と未来に向かって頑張ってください」と挨拶がありました。

子供達は今江選手を前に緊張と憧れの眼差しで見つめながら固い握手を交わしました。


(優勝チーム いわき南スポーツ少年団)


(準優勝チーム 小名浜少年野球教室)

このように今日1日、早朝から夜遅くまでいわき市を回った今江選手。

この日を振り返り、

「今年もいわき市に来ることが出来て、本当に良かったと思います。毎年感じるのが、実は僕の方がいわき市の皆さんからパワーをもらっているし、ここに来ることで新たな気持ちになっているような気がします。ただ大事なことは、復興はまだまだ道半ばであり、決して風化させてはいけないこと。微力かもしれませんが、僕が訪問することで、少しでも多くの方に知ってもらえれば嬉しいし、自分に出来ることを今後も続けていきたいと思います。そして訪問は今年で8年目になりますが、たくさんの皆さんとも友達になれて、まさに僕にとっていわき市は特別な場所です。来年も活躍して、皆さんと笑顔で会いたいと思います。」と言葉を綴ってくれました。

最後に今回の訪問に際しご尽力をいただきました、いわき市役所の方々をはじめ、たくさんの皆さんに心より厚く御礼申し上げます。

そしてまた来年お会いできる時を楽しみにしております。

今江選手の社会貢献活動の様子が記事が掲載されました 「今江年晶、8年連続いわき訪問「子供に元気もらっている」(スポーツ報知)

今江選手の社会貢献活動の様子がメディアに掲載されました。

「楽天」今江年晶、8年連続いわき訪問「子供に元気もらっている」(スポーツ報知)